PP用アクリル系接着剤 MIGHTYLOCK®【MIGHTYシリーズ】

ポリプロピレン、テフロンなどの素材に対し、強力な接着性を有するアクリル系接着剤 マイティロック®

製品概要

  1. 難接着プラスチックであるポリプロピレンに対し、本接着剤のみで接着できます。
  2. 特別な表面処理の作業が不要となり工数の削減・生産効率UPにつながります。
  3. ポリプロピレンだけでなく、多種多様な材料との接着が可能です。

特性

  • 表面処理工程が不要

  •  
    ポリプロプレン(PP)は、接着時に特別な表面処理を必要とする”難接着プラスチック”として知られています。マイティロック®は、それら表面処理無しでPPへの強固な接着を実現しました。 高価な設備導入や煩雑な工程が不要で、VOCなどの有害ガスも発生しません。生産効率UPや作業環境改善に繋がります。

  • より自由な材料デザインの実現

    PPだけでなく、ポリカーボネート、塩化ビニルなど様々な材料に対し、材料強度を上回るほど強力な接着性を発揮します。当社のせん断試験では、テフロンシートを材料破壊してしまうほどの強力な接着力を確認しています。これまでの常識を打ち破る、より自由な材料デザインを可能にします。

  • カートリッジガンに対応

    37mLカートリッジガンに対応しており、簡便な接着作業性をご提供します。サンプルスケールでは、少量からお気軽にお試しいただけます。

基本物性

シリーズ名称 PP用アクリル系接着剤
適要 ・PPに対して前処理なしで接着可能
・多くの樹脂材料に対し高い接着性
液・混合特性 名称 活性剤 主剤
G7010
C248-1
G7010
C353-2
粘度(Pa・s) @25oC 1.5 10
比重 @25oC 1.0 1.0
混合比(重量) 1 10
混合比(体積) 1 10
硬化条件例 23℃×24h
接着
特性
せん断強度(MPa)*1 GF-PP:11 SF
剥離強度(N/25mm)*2 100
樹脂特性 伸び(%) 8
弾性率(MPa) 320
破断強度(MPa) 12
硬度(ショアD) 52

*1 破壊状態標記・・・SF:材料破壊    *2 試験基材・・・電着塗装鋼板

想定用途

  • 自動車内装・外装部品の接着
  • 電気・電子部品などの樹脂材料接着全般の接着
  • 第2世代アクリル系接着剤(SGA)、塩素化PP系接着剤、ホットメルト接着剤等の代替

MIGHTYシリーズリンク

担当部門

機能化学品事業部 機能化学品部
TEL.03-6218-3841

株式会社イーテック(E-TEC)

お問い合わせ

お問い合わせ